Very close

考えること。

考えることとは何か。

 

今わかる範囲では、

考えることは答えを出すこと。

何かしらの答えを出すこと。

だと、思っております。

 

その答えに沿って行動し、その結果を元に考えて答えを出す。

そういったループを繰り返す。

それだけかと。

今、わかることはそれだけですね。

 

239

Correctness

目的は何か。原因は何か。

その行動はどちら起源か。

 

この目的のためにその行動をとるのか、

あの原因のためにその行動をとるのか。

 

聞いた話ですと、

人は目的に向けてしか行動しないそうです。

例えば、いじめが原因で不登校になった人がいたとして、

その人はいじめが原因でいじめられたくない(いじめっ子に会いたくない)

という目的のために不登校をしている、

と考えられるでしょうか。

どうでしょうか。

 

原因、外的要因のみには縛られないということ、

あなたは主体性に満ちているということを感じましたか。

 

238

Wet day

何にもない。

本当に?

 

何にもなかったことなんて一度もないはず。

何にもないことにしたいだけ。願望か。

 

ただ、何もないことを感じた時から、空っぽの自分に気づいた時から

満たされはじめる。様々なものが。

 

満ち足りた心、

どういったイメージか。

その時、

どんな気持ちになっているか。

 

想像することで未来を今を創造する。

 

237

How to throw

何かを見ていると、

他の何かが見えてくる。

 

ただ、他の何かが見えてくるのは一瞬なので、

それだけに集中していると見えなかったりする。

 

没頭、この言葉が今は好きなのですけども。

没頭しすぎる、この表現の正確さはわかりませんが、

視野と同じでまっすぐに一点だけ見つめると、他は見えない

没頭しすぎると他の何かがわからなくなりますね。

 

詰まった時に、他の何かに答えがあることもありますので、

どこかにゆとりを持っておきたいですね。

 

236

In silence

何かが変わる、変わっていく。

逆に変わらないものなんて

そうそうないことに気づく。

 

あなたが変わったと感じたら変わったのだろうし、

そうでないと思うならそうなのでしょう。

 

変化は曖昧。

変化そのものに大きな意味はなく。

何に対してどのように変化しているのかを観測することが大切で、

その向かう先を知ることが重要だと思います。

 

進化と進歩の話ではないですけども、

方向性、向かう先に近づいた量を観測しないといけないなぁ、と。

自戒を込めて

 

235

If you organize

時間は待ってはくれない。

ただただ、流れていっているのか。

 

あわてたり、ゆっくりしたり。

何かに対してはやいかおそいかがありますけど、

その基準の設定は大丈夫でしょうか。

反応的なものになってはいないでしょうか。

 

急ぐのはいいと思いますが、焦るのはよくない感じがします。

ニュアンス、わかりますかね。

主体的か反応的か。

 

自身をいかに所有するか。

描いていくか。

そこでしょうか。

 

234

Make a point

完璧な習慣などない。

完璧、完全なものはないのに、そうあろうとする。

現実とのギャップが大きくなるほどに、苦しみを感じてしまう。

その苦しみは、必要なのか。

 

すっと手放すことも必要ではないかと。

完全に向かうことは良いことだと思いますが、

完全はない、ということを

心の片隅に置いておかないと、不要な苦しみを生み出してしまうのだと

思いました。

 

233

Take out

様々なこと。

さまざまなこと。

 

どこから手をつけていくか。

順番を決めてから行動しないと。

前後しまくってしまう。

 

優先すべきは何か。

優先するのは何か。

 

232

Sightseeing inside

見えたと思ったら見失う。

見えたその時に行動しないといけませんね。

 

草抜きをしてて、あそこの草を抜こうと思って別のことをしていたら

あそこを見失ってしまいました。

ただ、その草の形は覚えていますし、

この辺りということもわかっているのに、

なぜか見つからない。

一体、何をみていたのか。

そう感じざるを得ない。

 

不思議だな、と。

忘れるものと忘れないもの。

繰り返しを経た物事や強烈な印象を感じた物事はなかなかに忘れない。

単純に回数や印象の強さに依存するのかと感じました。

 

でも、たいていチャンスは一回きり。

なので見えた時に行動することを大切にするべきであると感じました。

 

こっちの都合で待ってはくれないですね。

自分の記憶でさえも。

 

231

Strange form

人はみたいものをみて、したいことをして、

自分で世界を築き上げている、ということみたいです。

 

自分がみたいようにしか、世界は見えない。

何があってもそれがひとつ。

 

つまりは、何を見るのか。

 

つまらない、苦しいものはみないようにしなければいけない。

それは、ひたすら楽しいこと喜ぶことに没頭しなければいけない。

単純かつ簡単。

なぜダメなところや悪いところをみて、良いところをみないのか。

ダメなところや悪いところを見ることがそんなに楽しいのか。

楽しくないことに没頭するのか。

 

 

 

自戒を込めて

 

230