Time, Civil service

ノン!

ウィ!

全てをウィで染めないと。

染み込むように追い込まないと。

「ない」からはじまってはいけないことは実証されている。

「ある」からはじまり、「ある」でおわる。

それがイチバンだいじ〜♪

047

アイガッタ!アイガッタフィーリン!

信じるものは成し遂げる。

だから救われる。

故事成語とか、伝えられてきた言葉には物語があって、

それが時間とともに端的に表現されたということなのです。(たぶん)

だからおおいに端折られていると思うのです。

何事も

「要するに」

に支配されているのではないでしょうか。

端折られたところ、前段がないと、

間違った理解をしてしまうかもしれません。

用法用量を守って正しくお使いください。

 

完膚なき、ああ完膚なき。

 

どこかで誰かが

何かをしている、

車には人が乗っている。

たくさんの車とすれ違いますが、

そこには人が乗っていて、

何かしらの活動をしています。

そう思うと、

世の中、

知らない人だらけで、その知らない人たちと支え合って暮らしているのだな、

と思わざるをえないです。

えないです。

たくさんの生活が絡み合って社会が形成されているのですね。

あらためて思いますと感慨深いものですね。

「そ」からはじまる言葉は素敵ですね。

何が必要なのかなぁ。

欲しいものと必要なものは違うぞぉ。

必要なものが嬉しくて、楽しいものとは限らないから大変なんだ。

でも必要なんだから仕方ない。

必要なものはいずれ必要となるので、早いに越したことないな。

わかってる。

わかっているけど、進んで苦しい思いをするのは気がひけるものでもある。

でも必要なのだから仕方ない。

044

clean up

前に前に前に

進む進む進む。

 

進んだ先には何があるのか

そもそもどこに向かっているのか

進むことも大切ですが

どこにっつうのが大事ですね。

時間に進まさせられている

時間に引っ張られていますね

 

時間を引っ張っていきたいものですね。

アドリブでドリフトしろ

結局は自分でやれ。

そういうことなのです。

ある本によりますと、何かをやると決める前に

何をやらないかを決めた方が良いということなのです。

そういうことなのです。

こういう文体は寂しいですかね。

あったかくて、やわらかい機械を買わないと。

君とプライム

ブラックフライデーがにっぽんに本格的に上陸しましたかーーーっ!

 

ブラックフライデー(英語: Black Friday)とは、11月の第4木曜日の翌日にあたる日のことである。小売店などで大規模な安売りが実施される。

アメリカ合衆国では感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日は正式の休暇日ではないが休暇になることが多く、ブラックフライデー当日は感謝祭プレゼントの売れ残り一掃セール日にもなっている。買い物客が殺到して小売店が繁盛することで知られ、特にアメリカの小売業界では1年で最も売り上げを見込める日とされている。また、年末商戦の幕開けを告げるイベントでもある。

wikipediaからcopy and pasteですよーーっ!

 

あえて言いたい。

そいつを本当にレジに持ってく必要があるのかい?

本当に必要かい?

ありがとうございましたぁー。