スーパーシティが舞い上がる

人の心とは不思議なもんですね。

「自分を知る」なんて聞きますけども、自己啓発的なやつとかですかね。

なんといいますか、ほんとうに知らない自分ばっかりですよ。

自分を全て知ることは一生無理なのでしょうか。

何にせよまっすぐに受け止めていきたいものです。

 

029

EVOL

古いか新しいか。

時間を経たものが古いという傾向がありますよね。

古い=あまり良いイメージではないですね

新しい=新鮮な、良さそうな、前向きなイメージがありますね

なんといいますか、そういうものは、そうじゃなくなると思うのですよね。

古くても、新しくてもいいものはいい、みたいな言葉もありますが、

それはニーズなのでしょうか。

1周まわって新しい、なんて言葉もありますが、

それもニーズなのでしょうか。

新しいとか古いとか、要するに「飽き」の問題でしょうか。

 

今日はここまで

今日もここまで

028

ねぇねぇねぇだよ

あれもこれも

これもそれも

ソラシドですね。

師走にはまだはやい気がしておりますが。

「波に乗る」なんて言葉がありますけども、

波に乗ってしまったら、どこまで行ってしまうのかも

考えておかないとたいへんだなぁ、と

思う、今日この頃です。

 

ほんと、そのビッグウェーブとやらに乗っかっちゃっていいのかい?

本日も自戒を込めて。

 

027

 

一縷 -i chi ru-

人は

苦しくて辛い時ほど自分を知ろうとするし

嬉しくて楽しい時ほど自分を忘れてしまう

 

パンパンに膨れ上がった風船が

われるのか、しぼむのか

 

omoiwohaseru

024

Tom Violence

ほんとうに難しいですよね。

パズルってやつは。

はまったようではまらない。

ウィキペディアによるとですね、

論理学的には、複数解が矛盾してしまう「ジレンマ」

論理的に解けそうでいて不思議と解答が見つからない「パラドックス」に対して、

唯一解が出せるものを「パズル」と定義することができる。

・・・ということなのです。

そもそもの定義が難しすぎるよー。

 

わかったようでわからない

わからないようでわかる

世の中にはパズルが溢れかえっていますよ!

兎角、人といふ生き物は自分の手に余る。

こんにゃくを握りしめた感触

千里の道も一歩から、という言葉がございます。

何にせよ、まずは一歩を踏み出すことだよ、ってことだと思います。

どう、一歩を踏み出しますか?みなさん。

押されますか、背中を。

押しますか、背中を。

それは、自分ですか?誰かですか?

踏み出すのは誰ですか?

自分ですし、あなたです。

先の見通しはまずおいといて、その時がきましたら踏み出しましょうよ。

しょうがないですよ。

しょうがない。

022

イカもタコもアナゴも

横になってコロコロするのが気持ちいい季節ですね。

何にもしない、と いうことも あってもいいですか?

何かと、すまっほ の 画面を見なくて も 良いですかー?

ボッケー(0ー0)としてもいいのかなぁ?

 

世の流れが せわしない

021