そうかと

欲しい時に欲しいことはない。

したい時にしたいことはない。

そういうこともありますね。

その時はたぶん、ずれているのではないかと思います。

何と何がずれているのかと言いますと、

あなたの中の何かと何かがずれていますね。

あなたの中の心と体が噛み合っていない時もあるでしょうし、

希望と意志が噛み合っていなかったり。

 

とにかく自身の内の何かと何かがずれている。

ずれには気づきにくいもので、ある結果なり、形なりにて気づくのか。

 

逆にずれていない人はほぼいないと思いますが、

ずれに気づかなければいけないと思います。

理想と現実のズレはよく言われることなのかもしれませが、

自身の内にずれがあることによるのだと思います。

 

あるべきものを、あるべきカタチをとりもどす。

 

ありがとうございました。

 

277

 

つづけること

つづけるかつづけないのか。

つづくのかつづかないのか。

 

意志を持ってはじめたことも

続いていない、おわりを迎えている。

せめて、意志を持って迎えたい。

 

はじまりとおわりは同じであると聞いたことがあります。

 

なんとなくはじめたことはなんとなくおわり、

流行とともにはじめたことは流行とともにおわり、

強い意志ではじめたものはさらに強い意志によっておわる。

 

その中でつづける、ということはどういったものなのか。

ひとつは習慣に組み込まれるか、生活にあわないか。

ふたつはもう、果たしたか。

 

 

つづけなければならない、よりも

つづけたい、ということを大切にしたいと。

そう思いました。

ありがとうございました。

 

276

 

 

在るということ

在る、「ある」という言葉。

あるがままとかありようだとか。

 

何があるのか。

そしてないのか。

あるものは何か。

だいたいのものはもって生まれてきたのならば、

何があるのか。

それを理解しなければならないと感じています。

 

外的刺激と内的刺激のバランスをもって

あるがままでありたい。

あるものがわからないとあるがままにもならないですかね。

ありがとうございました。

 

275

 

遡ってみる=さかのぼってみる

現状をより詳しく理解するために、

現状以前に遡ってみる。

 

下流から上流へ

現在から過去へ

「流れ」を遡ってみる。

因果の因をみていくのには良いのかと思います。

 

ただ、さかのぼることばかりしていくと

連続性を感じすぎてしまいますね。

いけない、というわけではございませんが、

過去から現在、現在から未来と

一連に捉えてしまわないようにしないといけないと思います。

 

過去は過去。未来は未来。そして現在を生きる。

「流れで未来はこうなるだろう」と考えることは危険です。

どこかで今を放棄しているように感じてしまいます。

 

一概には言えませんが、

きっと未来は誰にもわかりませんし、

過去から決めつけるものでもないと思います。

 

今、現在が何よりも大切です。

そう思います。

 

ありがとうございました。

 

274

 

 

あうか、あわせるか

それに合うか、合わせるか。

相手に合わせるか、相手に合わせてもらうか。

物体の間には摩擦がつきまといますね。

 

何に合わせますか。

 

あなたのものさしか

相手のものさしか

文化のものさしか

世界のものさしか

普遍のものさしか

不変のものさしか

 

選ぶものさしであなたの行動は決まる。

その振る舞いが摩擦を決める。

そうであるならばあなたのものさしが

どこからきたものか考えてみる必要がありますね。

 

そのものさしが不変であればあるほど

摩擦は小さくなっていくと思いますし、

振る舞い、行動に一貫性が保たれてくるのではないでしょうか。

 

正しく摩擦は起こすもの。

摩擦は必ず生じるものですから。

ありがとうございました。

 

273

 

楽しい

「楽しい」、「たのしい」

楽しめていますか、ワクワクしていますか、

盛り上がっていますか?

 

何が盛り下がっていますか?

体?心?技?

盛り下がっていないところを盛り上げることをすれば、

つられて盛り上がってきますよ。

 

言葉を口にするといいですよ。

 

なんと言いますか、在りようを考えた時に、

在りようを考えますと、見えてきますよね。

在りようが。

 

在りようを、自分の思うままの自分に在りたい。

と思いませんか。

 

ありがとうございました。

 

272

 

どうにかなる

「どうにかなる」と

言い切ることも大切かと思いますね。

 

根拠はあればあるにこしたことはないのですが、

なくても良いものなのですよね。

根拠や証拠や確証がないからといって、

行動にうつさない、次のステップに進まないのは勿体無いように感じます。

 

今はエビデンスなんてカタカナが出て来てますけども

保険が勢いを殺すことがあるようにも感じております。

 

直感を信じて

「どうにかなる」で

走り出すのもたまには良いのかと感じております。

ありがとうございました。

 

271

 

 

カンセキスタジアム周辺を散歩しております。

他の散歩動画はこちらから

 

 

 

まぜる

何かと何かをまぜる時、

混ぜ方が改めて大切なのだと感じましたね。

分量や順番だったり。

 

だいたいのものは何かが混ざっていることが多いですよね。

いわゆる合金ですか、混ぜ方で様々な特性があらわれますよね。

 

何が言いたいわけではございませんが、

AとBを混ぜた結果がよろしくなくとも、

AとBを混ぜるのがいけないのではなくて、

混ぜ方に問題があったのかも、ということを思った次第です。

ありがとうございました。

 

270

 

あるもの

続けられるものに価値が、

あなたの価値がある。

それが個性のひとつである、と思います。

 

やりたい、興味があることを実際にすることは

案外難しい。いつでも良いものは後回しにしがちですよね。

でも、それが一番最初にくるようにしたい。

 

やるべきことをやるべき時にできるのか、

その状況、環境をいかにつくりだすのか。

 

走りながら、歩きながら隙間で考える。

そうできればいいものですね。

 

今あるもの、それが結果。

今すべきもの、それは未来。

 

そう思って歩んでいきたいと思います。

ありがとうございました。

 

269

 

 

しなければいけないことがしたいこと。

それが習慣でしょうか。

内観の大切さ

今あるもの。

あなたに今あるものは何でしょうか。

 

何かが足りないという考えも良いですが、

今あるものをしっかりと見ることが

まず最初にくるのではないかと思います。

 

今あるものを充分に把握し、充分に活用できていますか。

私はできておりません。

今あるものをしっかりと理解し、利用していくことで

必要なもの、ことが見えてきます。

 

私は美味しいものを食べたい、という欲求を満たすこと

つまり、美味しいものが足りないと、それを満たすことで

たくさんの脂肪を手に入れました。

その脂肪は以前から足りていましたので、お腹が出てきました。

今ある脂肪を有効利用するために運動をはじめました。

脂肪を燃焼させようということです。

おかげでプールに行ってみたり、ジムに興味を持ったりと

様々な新しい経験をさせていただいております。

 

ですが、そもそもですよ、脂肪が欲しかったわけではなかったのです。

私は今あるものをしっかりと見れていなかった。

そういうことです。

 

たいてい必要なことは自身の内にあることを

しっかりと観察することでわかるものだと、実感しました。

ありがとうございました。

 

268