White rule

輝きは、誰が見ても輝いています。

輝いていないものを輝かせるにはどうすればいいのか。

 

磨くしかない。

輝きを放つには磨かないといけない。

磨き抜くしかない。

 

138

Beautiful ratio

イエスかノーで考えがちですし、そうなのですけども。

そのイエスは何パーセントですか?

 

イエスとノーの間にはそこそこの距離があることに、

ようやく気がつきました。

割合で測るのが妥当かどうかはわかりませんが、

ようやく気がつきました。

見え方も変わりそうです。

 

137

Good, unexpected

これだ!とピンときていますか。

直感、ファーストインプレッションを感じていますか。もしくは意識しておりますか。

 

それが全てではありませんが、方向性を定める権限をおおいに持っているという。

あながち間違ってはいないのではないでしょうか。

体も心も反射をおこす。

日常のありようが問われますね。

 

136

Something is calling

似たような状況が起きる、起こってしまうことが

たまにあると感じています。

 

人が呼び起こしているのか、引力の成せる業か。

ただ、前回と違うのは

一度なり、経験しているということ。

一度でも経験しているならば、それはどうってことない。

どうってことない。

 

135

Half alliance

ルーティンかマンネリか。

それはいったい、ルーティンなのかマンネリなのか。

 

新鮮だと、鮮度を感じることをほっていかないと、

あっという間にマンネリになってしまう。

繰り返しているのだけれども、

厳密には繰り返していない。

そんな形で進めていかないと。

 

133

Apple red

気持ちはあるのにできないとき。

学ぶこと、それ自体を考えてみるのも良いかと思いました。

 

わかったつもりになるのですけども、

ほしい時にその知識だったり、経験だったりが顕在しなかったりするのです。

そういった時に、何をやってたんだと思ってしまうわけです。

 

131

Canada cicada

途方も無い。

途方も無いことのように思ってしまう。

 

パズルをどこから組み立てていくのか。

ルービックキューブをどのように合わせていくのか。

まさに、一進一退です。

光が届かない森の中を彷徨うが如く。

漏れた光に向かっていくしか無いのです。

 

130

James’s jam

心が渋滞していませんか。

大渋滞を起こしていませんか。

 

あなたの心は前に進もうと快適なドライブをしているはずなのに、

あなたの別の心が前をゆっくり走っているものですから減速をせざるを得ない。

車線を変更してみるも、やっぱり別の心が立ち往生している。

そもそもその道があっているのか、それとも走り方が悪いのか。

そうでもないでしょうか。

あなたはただ、快適なドライブをしたいだけなのですから。

 

129