しずか

しずかな時間を

大切にする。

 

しずかな時間をすごす。

 

ありがたいものです。

 

自分からはじまって

自分でおわる。

 

自分からはじめて

自分でおえる。

 

ありがたいものです。

 

296

 

触れてはいけない

前向きに考えてみても

触れてはいけないものがあると思います。

距離を取らなければいけないと思います。

 

なぜかそのように感じます。

 

好奇心もすぎると危険なことがある。

そういうことなのだと思いました。

 

何かを忘れて何かを忘れない。

取捨選択していますでしょうか。

 

ありがとうございました。

 

295

 

何も

何にも問題ない。

心をスッキリさせて、

まっすぐにいく。

 

必要以上に複雑にしてはいないか。

必要以上に難解にしてはいないか。

 

たいていは深呼吸すれば解決する。

 

そう思う。

 

ありがとうございました。

 

293

 

みたいものをみる

人は

みたいものをみて、

ききたいことをきいて、

やりたいことをやる。

 

それを決めるのは自分。

必ず自分。

 

わかっているつもりなのですけども、

わかっているはずなのですけども。

 

スッキリするようで、スッキリしないような。

わかる、と理解する。

もっと爆発するような、弾けるような感覚に

ならないとほんとうに理解はできないような気がします。

 

ちなみにほんとうに理解するっていうのは

当たり前になるということですね。

 

自分を信じる、つまり自信をもっていきていきたいものです。

ありがとうございました。

 

292

 

それは一時的

それは一時的なもの

その状態は一時的なもの

そう思えれば大丈夫ではないかと。

 

嫌なことや辛いこと、

それは一時的なものだと

そう思えれば、考えれば

それらは過ぎていく。

 

そういったものにとらわれず、

流してしまおう。

 

あるべきものに目を向けよう。

 

そう思いました。

ありがとうございました。

 

291

 

スペースが必要

スペース、間が必要でして

その間にチャンスがある。

 

何か刺激が外からもたらされる時に

どういった反応をするのか、が大切だということらしいです。

 

どういった振る舞いをおこなうか。

それが重要とのことです。

 

自分が自分らしくあるために、

あなたがあなたらしくあるために。

 

その振る舞いが自身を価値づけていきます。

 

ゆっくり考えて素早く行動するのがいいのでしょうか。

素早く考えられるとさらに良いのでしょうか。

 

あるべきものをあるべきカタチに。

これが今の自分のテーマです。

 

ありがとうございました。

 

290

 

ついている、それはついている

ついている。

とてもついている。

つきはつきを呼び込むものですから、

つきはつきを呼び込みますから。

 

流れを止めない。

 

心の中でそっとついていることを感じて

それを育てていけばいいと思います。

 

あなたはとてもついている。

そのおかげでわたしもとてもついています。

 

ありがとうございました。

 

289

 

思った通り

思った、思っている通りに

なる。

良いことも、悪いことも関係なく、

思った通りになる。

明確に思えば、明確に思った通りになる。

 

と、いうことは

何を思うかが大切。

何に触れるかが大切。

 

あなたの幸せとわたしの幸せは異なります。

きっとあなただけの幸せがある、ということは

あなたが考えなければいけないということですよね。

考え、思い、カタチにする。

 

それくらいシンプルなのだと思います。

 

ありがとうございました。

 

288

 

邁進する

日々を邁進する。

心も体も邁進する。

 

あらためて一つひとつを考えてみると、

思っている以上によくできているものだと、感じますね。

必要なものはそばにあり、そうでないものはない。

 

人は歩くとき、遠くを見ながらも近くの美しいものに心奪われたりもしますね。

邁進してゆけば、たくさんのものにであうのでしょうね。

憂うことなく邁進していきたいですね。

 

ありがとうございました。

 

287